気づかされる言葉

今日読んで感動したのでここに引用します。

ちょっと長くなるけど是非読んでみてください。

放送禁止用語を多用して、政治や社会を痛烈に批判する笑いで人気を博したアメリカのコメディアン、ジョージ・カーリン氏が、
最愛の奥さんを亡くした際に、彼がボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用して友人に送ったとされるメールがあります。
人生において本当に大切なものは何かを、気付かせてくれる言葉になっています。

====== 以下訳文 ======


ビルは空高くなったが
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが
視野は狭くなり
お金を使ってはいるが
得る物は少なく
たくさん物を買っているが
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが
家庭は小さくなり
より便利になったが
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても
センスはなく
知識は増えたが
決断することは少ない

専門家は大勢いるが
問題は増えている
薬も増えたが
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し
笑うことは少なく
猛スピードで運転し
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で
テレビは長く見るが
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが
人生を学んではいない
長生きするようになったが
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが
より良いことはなしえていない

空気を浄化し
魂を汚し
原子核を分裂させられるが
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが
待つことは覚えず

計画は増えたが
成し遂げられていない

たくさん書いているが
学びはせず
情報を手に入れ
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが
人格は小さく
利益に没頭し
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも
離婚も増え
家は良くなったが
家庭は壊れている

忘れないでほしい
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には
1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを

愛し
話し
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン

ご冥福をお祈り致します

日本一休みが多い会社「未来工業」創業者の山田昭男さんが亡くなりました。

この方の事はメディアで何度か見聞きして、面白い方だと思っていました。

制服もタイムカードもホウレンソウも無し。社食も自己申告。

性善説と言うか人を本当に信頼しているんだな、と感じさせてくれる方でした。

下記のまとめ記事を読んで、僕自身もこうやって人を信頼して生きて行きたいと改めて思わされました。

謹んでご冥福をお祈り致します。

http://withnews.jp/article/f0140730007qq000000000000000W00a0401qq000010536A#

久々に

気がつけばずいぶんと長い事ブログを書いていなかった。。
これではいかんなぁ。

最近はまったりと仕事をしつつも自主的なプロジェクトの始動に向けて友人と動いております。

詳細はまだ言えないのですが、実現出来れば面白い物になりそうです。

この半年程、友人達の子供に会う事が多いです。
全員まだ1才未満なのですが、もうそれぞれに個性があって楽しい。
感無量です。

僕の親も僕をこういう風に色んな人にあわせていたのでしょうか。

多分僕が親になったら色々連れ回すんだろうなあ…等と思う今日この頃です。

近況で言えば今年の朝日広告賞は落選しました。
救心さんの広告だったのですが、遊びすぎたのでしょうか。

単純にまだそこまでのレベルじゃなかったと思い来年再度挑戦します!!

それでは、次回はちゃんと更新するようにします…。

転機

最近、親友の二人に大きな転機が訪れた。

良い悪いで片付けたくはない。
そんな問題ではない。

一人目は高校からの友人。
共に同じ夢を見て、僕はその夢を諦めたが、彼は夢を追い続けついにその夢を叶えた。
具体的な内容をまだ言えないのは申し訳ない。

彼の夢を僕がほんの少しでもアドバイスという形でアシストできたのは本当に嬉しい。
今日も彼と事務所で会った。色々話をした。とにかく嬉しい時間だった。
彼なら必ずやると思っていた。当然だと思っていた。でも、少し泣きそうになった。
本人には言わないが。

おめでとう。
彼の苦悩も喜びも、色々相談されて知っているだけに、自分の事の様に嬉しい。

もう一人は大学からの友人。
彼は元来複雑な理由も有り、病院に通う生活を送っていた。

が、とある転機を得て(そんなに軽い話ではないが)病院に通う事もなく、
普通の生活を送る事が出来る様になった。

しかし、数年が経ち、最近になり再度入院せねばならなくなってしまった。
理由はやはりここには書けないが、僕からすれば理不尽きわまりない事象だ。

何故なのか。何故なんだ。

納得ができない。出来るはずもない。
かつてあんなに苦しい思いをして、ようやく解放されたと思ったらまたこうして。

僕がいくら悔しがっても、いくら泣いても、どうしようもない事は分かっています。
彼の苦しみを本当に分かっているかと問われれば、分かっていないと答えるしかないでしょう。
ただ、理不尽で、涙が出る。

こんなもんおかしいだろう。あっていいはずがない。

期せずして、同じ時期に訪れた二人の親友の全く違う状況。

僕はこれに何を思えば良いのだろう。

ただ、二人とも僕とは違う人間だから、とは思いたくない。
二人と俺の何が違うんだ。

未だ答えは出ない。おそらくいつまでも出ない。

でも、ただただ願う事は、二人とも幸せになって欲しいということ。
その為に出来る事なら何でもしよう。

出会い

先日大学時代の恩師、太田徹也先生のダイアグラム教育についてのトークイベントに参加しました。

太田先生は授業を受ける前から憧れていた人で、初めて話しかけられた時は緊張してまともに話せませんでした。

そういった方と卒業後もやり取り出来るのは嬉しい限りです。

たくさんいた生徒の中で、名前を覚えていただいているだけでも嬉しい。

やはり先生は凄い方で、語られる言葉が一つ一つ身にしみて、もっと頑張らねばという気持ちになりました。

色んなお話を聞けて大変勉強になりました。ありがとうございました。

僕にはもう一人恩師と呼べる先生がいます。エディトリアル、装丁の工藤強勝先生。

僕が本のデザインに興味を持つきっかけを与えてくださった先生です。

工藤先生と出会わなければ僕が紙の世界に足を踏み入れる事は無かっただろうし、

太田先生と出会わなければ僕がデザインに対してこうまで真摯に向き合う事は無かっただろう。(まだまだだけど)

お二人とも僕みたいな若輩者に、年賀状のお返事や展覧会のお知らせに直筆の筆を添えて送ってくださいます。

そういう所もかっこいいなと思います。いつか上の立場になった時には僕も見習いたいと思います。

お二人の恩師とは別に尊敬する先輩もいます。中野豪雄さんと河原健人さん。(普段は君付けですが。。)

二人とも僕の予備校の先生で、大学の同じ学科の先輩で、知らず知らずの内に僕は過去に彼らが選択した同じ授業を選択していました。

しかも当時二人がその授業を選択していた事は知らなかったのにもかかわらず。

なんとなく好むデザインの方向性が似ているのかなあと勝手に一方的に思ってます。

こうして皆独立して、手がけた仕事などを見せていただくと感心やら感服やら嫉妬やらでかなわねえなあと思います。

恩師のお二人、先輩のお二人。

いつまでも追いかけて行きたいと思う存在です。いつか追い越したいと思う存在です。

無理かも知んないけど。がんばります。

そういう出会いに恵まれた事は本当に人生にとって大きな財産だと思います。

デザイナーとしてだけでなく、人間としても。

やはりたまにはこういうイベントなどで、目標とする人に会って初心に帰るのは大事な事だと思いました。

よっし、がんばろ。

生き方について

暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
ぼくは夏好きですがさすがにこれは行き過ぎだろうと思いながら生きております。

さて、本題。

最近、というか独立して以降
「若いのに独立してすごいね」とか「勇気あるね」とか「独立してもちゃんと順調ですごいじゃん」
みたいなお言葉をいただきます。

もちろんこういう言葉はうれしいです。励みになるし自分が間違っていないのだと思わさせてくれます。
これもすべて僕みたいな人間にお仕事をくださるクライアントの皆様のお陰ですが。

ただ、僕が思うすごい人ってのは一つの会社で信念を曲げずにずっと勤め上げられる人だと思います。

僕は生意気だし我が侭だし自分勝手なのでサラリーマンなんて生き方はどだい無理でした。
なので今の生き方を選びました。会社に長く勤める事が出来なかったのです。

で、それを前述の言葉のように褒めてくれる人がいる。
でもそれは違うのです。

世間一般の常識というのにFIXできなかっただけなのです。どうしてもそこに合わせる事が出来なかっただけなのです。
様は甘ったれな訳です。

だから自分で商売を始めるしかなかったのです。その事については後悔してませんが。

本当にすごい・強い人というのは、どんなに辛い事があっても一つの場所で頑張れる人だと思います。

例えば僕の父。
彼は一つの会社で頑張り続け、結果その会社でだいぶ偉い人になりました。

おそらく僕であれば途中でどっかに行ってしまっているでしょう。

おそらく僕は彼に一生かけても勝てないでしょう。
そういうふうに頑張る事が俺には出来ないでしょうし。

僕の生き方はそういう生き方なのだと思います。それでいいとも思います。
それで後悔している訳でもないし、これから改めようとしているわけでもないです。

ただ、ひとつだけ。

誰との出会いも、なにもかも、一つも後悔もないように出来ればいいなと思って生きています。
それでしか俺の武器ってのは表現できないのだから。

相談

最近親しい友人の一人が仕事でまいっている。
まぁクライアントとデザイン会社の板挟みの問題だ。

詳細はここには書けない。

それで色々相談を受けて人を紹介したり探したりしている。
なんぼかは助けになれているだろう。

普段から仕事振ってくれたり気にかけてくれている人なので、
こういう時でもないと恩返し出来ない。

だから相談されるってのも嬉しいもんだ。

はやくごたごたが片付いてのんびり飲みにでも行ければ良いなー。

がんばれー

事務所開設

会社を設立し、一年が経ち、少しずつ仕事の幅が広がってきました。

以前からのお客様はもちろん、新規でお声掛けを頂く事も多くなり、ありがたい限りです。

それに伴い出張などで僕自身が動けなくなる事も増え、色んな人に仕事を手伝ってもらう事が増えてきました。

その際にディレクションとしてやり取りをする中でどうしてもメールやskypeや電話では
細かいニュアンスが伝わらない事もあり、捗らない事もありました。

これから先、Webやページ物の紙媒体が増えて行った時にまた同じ様にやり取りするのは大変だと考え、
それならばいっそ同じ場所で仕事をしようという事になり、都内荒川区の下町に事務所を開設。

探しまわって元倉庫物件だった所を見つけ、友人たちにも手伝ってもらいひたすらDIY作業。
元倉庫物件なので、改装自由の原状回復義務は無しというレア物件。
ただし、最初は大丈夫かと思うほどの汚れっぷりで。。(写真左が元の壁の色。右が塗った後)


壁を白く塗り、床を張り、コンセントを取替え、etc..etc…
ようやく形になりました。

今週よりここで仕事を始めております。ちょっと日当りはアレですが、仕事をする環境としては快適です。

正直、設立二年目で事務所を構えるというのは早すぎる(できすぎな)様な気もしますが、
ここをお金を払って借りて、仕事をする事で自分自身を奮い立たせる事も出来ると思いますし、
なによりONとOFFのメリハリをつけられるのが良い事だと思っております。

皆様お近くにお越しの際は是非遊びに来てください。

↓このような息抜きグッズも用意してお待ちしております。
(本来の用途は作業台です。上に板をおいてカッターの台とかにします。ホントですよ。)

一周年

本日2/22で株式会社One by Oneも一周年です。

会社を初めていきなりの地震、その後の停電など、仕事が無くて不安な時もありましたが、
今ではお仕事も順調に頂いて様々な経験をさせていただいております。

予定ではありますが事務所も開設出来そうです。

これもひとえに苦しい時も仕事を振ってくれたり、手伝ってくれた皆様のお陰です。
まだまだ一年続けただけです。

これからも

一つずつ、

一個ずつ、

一歩ずつ

頑張って行きますので今後ともよろしくお願いいたします。

年の瀬

なんだかんだともう今年が終わろうとしている。

今年は世の中的にも、個人的にも色んな事がありました。

独立し、いきなり地震が来て仕事が飛んで行き、
そこからとにかく営業機会を見つけては色んな所に飛び込んで行きました。

この際飛び込ませてくれた関係者の方々には感謝してもしつくせません。
僕ごときでは入る事も出来ないような所で行われているパーティにも多々参加させていただきました。
(六本木ヒルズの53階とか、某大使館内とか)

また、多くの友人にも助けられました。
仕事が無い時等、無理して仕事を振ってくれたりもしました。励ましの言葉ももらいました。

その友人たちとした仕事を見て、僕にお仕事を振ってくださる方もいました。

多くの方々の支えもあって、最近ではやっと安定して仕事が出来る様になってきました。

まだまだこれからがスタートですが、目の前の仕事を一つずつしっかりとこなして、
お客様に満足していただく事が僕にその方々を紹介してくれた友人への恩返しになるとも思っています。

どんなに忙しくなっても、どんなに良い物が出来ても、気を抜かず慢心せずにやって行きたい。

なんだか来年への抱負の様になってしまいましたが、今、年の瀬に思う事。

結局「一歩ずつ」「一人ずつ」「一つずつ」という社名の由来の気持ちを今も持っていられる事は
なんだかんだ言って自分的にとても良い事なのだな、と思います。

初心忘れるべからず。

今年も後ちょっと。仕事納めとかは無いので一気にいきます!

みなさま、良いお年を。